映画「サウンド・オブ・ミュージック」の町ハルシュタットの魅力とは



オーストリア・ハルシュタット湖の湖畔には家々が立ち並んでおり、その景観は「世界で最も美しい湖畔町の一つ」として有名です。一帯は「ハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観」として、1997年、ユネスコの世界遺産に登録されました。

 

「土地が狭いので山の斜面に家々が立ち並んでいる」「教会のある古い街並みが美しい」という点では日本の長崎市に似ているかもしれません。ただ、ハルシュタットは湖が主なので、長崎市 in 北海道 といった感じでしょうか😊

 

オーストリアのハルシュタットは、映画「サウンドオブミュージック」の撮影で使われたことでも有名です。

湖と調和した、典型的なオーストリアの風景としてよくカレンダーにも使用されています。

 

世界で一番美しい湖岸の町ハルシュタット
世界で一番美しい湖岸の町ハルシュタット

そもそも、海外旅行の醍醐味は、街をのんびりと歩き「日本ではないどこか」を体験することではないかと思うんです✌️「街並み」「町の風景」にこそ、その土地の歴史や文化を感じる要素がいっぱい詰まっているんです。

 

 

☆☆ハルシュタットの魅力 ☆☆

世界一美しい湖岸の町ハルシュタット

オーストリアの中部、ザルツカンマーグート地方の奥地にある小さな町ハルシュタットは、ハルシュタット湖の湖畔に広がっています。

どの写真を見ても、やっぱり「世界で最も美しい湖畔の町」ですねー👍

 

以前、11月に訪れた時はちょうど紅葉のシーズンに差し掛かっており、色づいた木々と急な山の斜面に並ぶ家々がとても美しかったことを覚えています。

紅葉のハルシュタット湖

ハルシュタットには、都会ではなかなか味わうことのできない静かで穏やかな時間が流れています。

 

世界遺産ハルシュタットの美しい町の写真

こちらは街の中心にあるマルクト広場。ヨーロッパらしいカラフルな街並みに加え、湖と急な斜面の間にある狭い土地のため、どの家もコンパクトで可愛らしい造りになっています。

 

世界遺産オーストリアのハルシュタット湖は絵になる!

img_2103

そんな立地のためか、街歩きをしていてふと、日本の田舎と同じ雰囲気を感じました。

よく見ると、家の大きさもさることながら屋根の形や材質、家の前を通っている石畳の階段まで、日本の山間部にある村の様子とそっくり。

ヨーロッパに居ながら、どこか日本の山奥の小さな村を感じさせてくれる不思議な場所です。

 

 

世界最古の岩塩坑

そんなハルシュタットには、ザルツブルグからバスか鉄道を使い2時間ほどで訪れることができます。

当然、「感動的な眺め」を求めるでしょうから、湖畔のハルシュタット鉄道駅からすぐそばの船着き場へ歩き、渡し船に乗って、対岸のハルシュタットに入ることになります。

世界遺産オーストリアのハルシュタット湖は絶景

背後の山並みの麓に佇む美しい町並みを眺めながら、とんがり屋根の教会横の船着き場に着いたら、まずは町の中心マルクト広場に出ましょう (先に紹介したあの広場です)。

広場の中心には立派な彫像が建つ噴水があり、その周りに(季節によっては) お花いっぱい飾られた色とりどりの建物が並びます。建物にはホテルやレストラン、お土産物屋さんが入り、(これまた時期によっては) 観光客で賑わっています。

ハルシュタットの中心にあるマルクト広場

町は端から端まで歩いても20分程度。何せ人口800人ほどの町ですからね。ここではゆっくりのんびり散策するのがお似合いです。
また、

ハルシュタットの町を見下ろす山上で見学できる世界最古の岩塩坑もあります。

 

行きたいですか?

では行ってみましょう!😉

 

まず、ハルシュタットの町外れにあるケーブルカーに乗って山上へ向かいます。

ハルシュタットのケーブルカーから眼下を望む絶景

どんどん高度を上げていくケーブルカーからの眺めも素晴らしいのですが、山上からの眺めはまた格別です!

眺めを堪能した後、さらに15分ほど坂道を上って行くと世界最古の岩塩坑の入り口に到着!

チケットを購入し、見学用の作業服を着用したら、ガイドさんと共に見学が始まりま〜す!

世界遺産ハルシュタットにある世界最古の岩塩坑

坑内はひんやりした空気に包まれ、塩坑の歴史や作業の説明を聞きながら、歩いたり木製の滑り台を滑り下りたりします。

最後はトロッコ列車に乗って地上に戻ってくるなど、遊園地の乗り物を楽しむような場面があり楽しい見学内容になっています。

 

 

展望台からの絶景は怖すぎる!

ケーブルカーの往復と塩坑見学がセットになったチケットが少しお得ですが、帰りはハイキングしながら町まで下りてくるコースもお薦めですよ。

途中には滝があったり、展望所もあって、休憩がてら町を見下ろしてみるのも素晴らしく贅沢なひとときとなることでしょう😉

怖くてチビリそうですが😫
怖くてチビリそうですが😫

目と同じ高さにダッハシュタインの主峰ホーエル・ダッハシュタイン(標高2995メートル)まで見通せます。

真夏でも窪みに雪が残り岩ばかりの世界!まるで時が止まってしまったかのような感じにさせてくれます。

 

ただ、空中に突き出た鉄柵の通路のようなものから見る勇気、あなたにありますか?この展望台はファイブフィンガーズと呼ばれ、先が五つの通路に分かれ、足元は鉄製の網目、柵も隙間だらけのもので、はるか下のほうまで丸見えです。高所恐怖症の方にはちょっと厳しいかもしれませんね〜😫

 

帰る途中、ロープウェイの中間駅で降りて、大氷穴とマンモス洞窟を見学されることをお勧めします。

大氷穴の中は0度の氷の世界ですので、真夏でも防寒着の持参をお忘れなく!

 

ハルシュタット06

トレッキングに関しては様々なコースが用意されているので、登る際はインフォメーションセンターで相談するといいでしょう。

映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった場所としても有名なハルシュタット。この静かな湖畔の町で都会の喧噪を忘れて、自分だけの時間をゆっくり過ごすのもいいかもしれませんね😉

 

 

ハルシュタットに一泊したらバスに乗ってゴーザウ湖へ行こう!

ザルツブルグなどを拠点にして日帰り旅行でも楽しめるハルシュタットですが、日程に余裕があれば一泊して、近辺も散策してみましょう!

ハルシュタットからバスに乗り、40分ほどのゴーザウ湖へ Let’s go !!
美しいゴーザウ湖のず~っと奥にはダッハシュタインの雄姿も見渡せ、一瞬立ちすくんでしまうほどの素晴らしい眺めです。

オーストリアの絶景、ゴーザウ湖

ゴーザウ湖は1周を1時間半ほどで歩くことができますので、是非お散歩気分で歩いてみてください。湖畔の風景がどんどん変わり楽しめますよ。

また、バス停そばのロープウェイに乗ってツヴィーゼルアルムへと上り、お花いっぱいのハイキングコースを歩くというのも素晴らしいひと時になること間違いありません😊
いかがでしたか?
ハルシュタット湖と周辺の町並み、それだけでも見ごたえのある所なのですが、出来れば宿泊して、ゴーザウの町も楽しんでみてくださいね。

宿泊すれば、観光客のいない朝夕の幻想的な風景を独占状態で楽しむことだってできますよっ😉

 

 

関連記事: