人生を好転させる「開運」旅行のススメ



「運気アップ」や「浄化して悪い流れを断ち切る」ための方法といえば、お札やお守りを手に入れたり、パワーストーンや招き猫に頼ったり、ラッキーな人と握手をしたり…

など、いろんなことが思い浮かびますね!また、家をこまめに掃除するなど、身の回りを整えてみるのも良さそうです。

 

ただ、ここではそんなことを羅列するつもりはありません!キーワードは「心を変える」「旅」です。

実際に、筆者が試して気に入っている開運法は気学に基づく「吉方旅行」です ♡

 

「行きたい時に行きたい場所に行く」いつもの旅行もいいのですが、たまには運勢も意識して、「方角」を基準に旅に出かけてみませんか。

ちょっとマニアックな発想かもしれませんが (笑)、旅行を計画するときの参考になれば幸いです☆

 

 

気学や風水を参考に、あなたの吉方へと旅立とう!

気学とは、「気」の作用に「易」の哲学を取り入れたもの…というと少し難しく聞こえますが、方位や地相を含む家相と九星学から成り立っています。

日本では風水とともに取り上げられることが多く、雑誌などで「今年は○○の方角への旅行が吉」…などとよく特集記事が組まれていたりしますよね。

 

このような記事や風水の本などを参考に、あなたにとっての「吉方」へと飛び立ちましょう。

 

ちなみに筆者の場合、これなら自分でも取り入れてみたいと思ったのが「祐気取り・お砂取り」というものでした。

 

 

「祐気取り・お砂取り」のポイント

「祐気(ゆうき)取り・お砂取り」とは、生まれ年により決まっている自分の「九星」と相性の良い方角の神社にお参りし、その土地のお水やお砂をいただいてくることです。運気を高めるのに良いとされています。

「吉方」を占う方法は人それぞれで、雑誌に載っているようなコラム記事を参考にしてもいいと思うのですが、いずれにせよ、「海外旅行に行くきっかけ」のため、「幸せな気分になれる」ために、ここでは「吉方旅行」を全力でオススメしていきたいと思っています。

 

というわけで、「祐気取り・お砂取り」では以下のことを心がけましょう!
 

1. 神社に行って、自然のエネルギーを感じる
2. 神社周辺の温泉や地場食品を堪能する
3. 自分の心と向き合い、ポジティブな気持ちになる

 

 

さあ、こうやって前向きな気分になれましたところで…

 

 

今年はどこの国へ行こうかな?

今現在、「今年はどこの国へ行こうかなぁ」「○○に行ってみたいなー」とあれこれ旅行のことを考えている方も多いのではないでしょうか?

旅初心者の人も、旅慣れた方も、旅先で新しい発見をしたい気持ちはみんな同じですよね ♡

 

「今年こそは幸せをいっぱい感じられるような素敵な旅をしたい!」

そんな望みを叶えるべく、ここからは独断と偏見でオススメの海外旅行地ベスト5を紹介していきたいと思います。

 

前半で述べた「吉方」に合っていたら是非行ってみてくださいね!

 

 

気まぐれでオススメの海外旅行地ベスト5

 

① ウラジオストク (ロシア)

世界一広い国土を持つロシアは、なんとなくと〜っても遠いイメージがありますが、実はロシアの東端の都市・ウラジオストクまでは日本から飛行機で3時間ほどで行けてしまうほどの近さなんです。

アメリカともヨーロッパとも違うオリエンタルな雰囲気を持つロシアには、”今までの旅先” とは一味も二味も違った魅力が詰まっていることでしょう。

何と言ってもウラジオストクはシベリア鉄道の発着地点です。鉄道好きには堪らない場所でしょう!重要都市です!

 

2017年にはビザの緩和予定もあるようですし、北朝鮮も近いので、併せて両方 “初めての旅” を楽しんで来られたらいかがでしょうか?

ロシアは美人大国でもありますし…

 

② モンゴル

モンゴルは日本から飛行機で4時間半で行ける近い?国です。首都のウランバートルから一歩外に出ると、そこにはWi-Fiなんてものは一切なく、ただただ果てしなく広がる大空と大地のみです!

スマホやSNSに毒されている日常から脱し、本当のデトックスを手に入れたい方にはオススメの旅行先となっています♪

“情報社会” から敢えて自分を遮断することで、逆に新しくフレッシュな世界を見つめ直すことができることでしょう。オンシーズンは6〜7月と短いので、この時期に長い休みが取れる方は是非!

 

③ ドイツ

古城や歴史ある街並みなど、常に人気の旅行先でもあるドイツですが、特に2017年は世界の歴史を変えた『宗教改革』から500年という節目の年を迎え、一年を通して様々なイベントや企画が計画されています。

日本と同じく第二次世界大戦の敗戦国でありながら、事実上EUのドンとして君臨するドイツのエネルギーを直に感じてみませんか。

今後の世界情勢にも大きな影響力を持っているドイツ!必須の旅先なのではないでしょうか。

 

④ メキシコ

 

近年、日本からの渡航者数がものすごい勢いで増え続けている国といえばメキシコです。マヤ遺跡の上に作られている首都メキシコ・シティをはじめ、世界一美しいと称されるカンクンの海、セレブが足繁く通うプラヤ・デ・カルメンなど…

ほかにも、鮮やかな民族衣装や常に奏でられている路上の音楽、陽気で優しいメキシコ人、美味しい食事など…

メキシコに行けばきっと、心のワクワクが止まらないことでしょう!

そんなメキシコへは、あまりの人気急上昇っぷりに2017年から毎日の就航が決定した直行便で行くことができます!「遠いからちょっと行けないな…」なんて言っていると人生損しますよ!

 

⑤ カンボジア

最後に、東南アジアの旅行先として穴場なのがカンボジアです。カンボジアといえばアンコールワットのイメージが強いのですが、首都プノンペンではまだ観光客慣れしていない純朴でシャイなカンボジアの人たちに出逢うことができます。

物価は安く、以前と比べ近年は比較的治安も良くなってきているので、女子旅や卒業旅行、初東南アジア旅行の人にもオススメです。

特にプノンペンではカフェやオーガニックコスメのショップが増えてきており、東南アジアのローカルな雰囲気と、発展の過程を思いっきり肌で感じることのできる点がポイントです。

 


いかがでしたか?

世界は広いっ☆ 行きたい国はまだまだたくさんありますよねっ☆ どこも魅力ある国ばかりですし…ね (^ ^)/

 

関連記事: