タイ・チェンマイのバンコク銀行で口座開設 (ワークパーミットなし)



タイに長期間滞在する人にとって、あった方が便利なものの一つが銀行口座です。タイにはカシコン銀行やサイアム商業銀行などいくつかのメガバンクがありますが、中でもバンコク銀行が一番大きく、ATMもたくさんあるので便利です。

ただし、以前は簡単にパスポートだけで口座開設できていたのですが、近年はそのハードルが徐々に高くなってきています。そんな中、一番口座開設しやすいのがバンコク銀行なのです。

(ちなみに、バンコクの本店やチェンマイにあるニマンヘミン支店などには日本語対応の窓口もあります)

 

 

タイに銀行口座を持つメリット

タイに長期間滞在していると、どうしても必要になってくるのが銀行口座です。銀行口座があれば、必要な時にATMから引き出すことができます。日本の銀行からバンコク銀行に送金するのもそれほど難しくはありません。

《続きを読む》

 

 

そもそもバンコク銀行とは

まずはじめに、一昔前までは旅行者が銀行口座を作るならカシコン銀行が一番容易…と言われていました。しかしながら現在、カシコン銀行で口座を作ろうとすればワークパミットが必須条件となります。

そこで現在、日本人の旅行者が銀行口座を作れる唯一の銀行はバンコク銀行だけ、となっているようです。

《続きを読む》

 

 

口座開設に必要なもの

《 銀行口座開設に必要なもの 》

 パスポート

 ワークパーミット(労働許可証)

《続きを読む》

 

 

銀行で記入用紙に必要事項を記入

バンコク銀行の窓口では、「申請用紙」と「登録用紙」の2つに記入する必要があります。

《続きを読む》

 

 

ATMで出入金するためのキャッシュカードを選ぶ

各種ATMカードは、タイ国内のバンコク銀行9,000台以上のATMで24時間365日、日本語で利用可能です。また、世界170カ国以上で現地通貨の引出が可能です。

《続きを読む》

 

 

バンコク銀行のATM使用の注意点

ATMの使用にはいくつかの注意点があります。

《続きを読む》

 

 

まとめ ☆

この記事を作成したのは2017年秋。年々、銀行口座の開設条件が厳しくなってきていますので、口座を作りたい方は早めに動いた方が良いでしょう。

また、現時点においても支店によっては大使館発行書類が必要ないところもある…かもしれないので、自分なりに調べてみても良いでしょう。

 

最後に、口座を解約したい場合には通帳とパスポートを開設した銀行の窓口に持参すればOKです。残高が20,000B以上あればそのままでも大丈夫ですが、

20,000B以下の場合、使用しないと1年で自動的にクローズされてしまうのでご注意を!

 

 

関連記事: