フエ (ベトナム) の人気 & おすすめ観光スポット ☆

フエはベトナム中部の美しい都市で、1802年から1945年にかけてベトナム最後の王朝「グエン (阮) 朝」の都として栄えた古都です。日本でいうと京都や奈良のような存在です。

そんな世界遺産の街フエは、 (ダナンやホイアンと絡めて観光することができますし) バラエティに富んだ素敵な建造物が多数残されています。

 

煌びやかな王宮、西欧風のカイディン帝陵 (お墓)、中国式の装飾が美しいミンマン帝陵などを見ていると、様々な国に支配されながらも独自の文化を作り上げてきたベトナムの歴史を感じることができます。

かつてユネスコの事務局長だったアマドゥさんはフエを「賞賛すべき建築上のポエムである」と語ったそうです。

 

ベトナムの中でも特に美しい街並みを誇っているフエ。街歩きをするだけでも十分に楽しめます。そんなフエの人気観光スポットを以下でみていきましょう!

 

 

 

★  アクセス & ベストシーズン

《続きを読む》

 

 

 

☆  フォーン川のライトアップ

《続きを読む》

 

 

 

★  阮朝の王宮

《続きを読む》

 

 

 

☆  トゥドゥック帝陵

《続きを読む》

 

 

 

★  カイディン帝陵

《続きを読む》

 

 

 

☆  ミンマン帝陵

《続きを読む》

 

 

 

★  ティエンムー寺

《続きを読む》

 

 


 

さて、

以上紹介してきた帝陵などは市内から少々離れたところに点在しているので、効率よく回るにはツアーに参加するのがオススメです!

以前私たちが参加したツアーは朝8時~16時30分、英語ガイドとランチ込みでした。自身でタクシーをチャーターしてもいいでしょう☺️

 

 

 

☆  観光スポットとなる通り

フエは大きく分けて「旧市街」と「新市街」に分けることができます。フエの象徴である阮朝王宮はフォーン川を挟んだ向こう側の旧市街。それより南が新市街となります。

《続きを読む》

 

 

 

★  フォンニャ洞窟

《続きを読む》

 

 

 

☆ ノンラー村と線香村 

ノンラーを被るベトナムの人々
《続きを読む》

 

 

 

★  グルメ

 

《続きを読む》

 

 

いかがでしたか?

ダナンから北上すること2時間。そこにはベトナム最後の王朝があった古都フエがあります。

人口は約30万人とそれほど多くなく、都会の喧騒はうかがえません。中心市街地でも目立った高層ビルはなく、比較的静かな町と言えます。

 

言語はベトナム語ですが、中部特有のなまりがあるため、北部及び南部出身者と会話をすると、すぐに中部出身だとわかるそうです。

ホーチミンやハノイと比べると人々は穏やかな性格で、静かに暮らしているのがとっても印象的です。ホイアンとはまた違った古き良き町並みを楽しんでくださいね☺️

 

 

 

関連記事: