ニューカレドニアの楽しみ方 (島別観光ガイド)



日本から直行便で約9時間!ハネムーンの旅行先としても人気の高いニューカレドニア (オーストラリアの東側) は、世界遺産のサンゴ礁以外にも「ターコイズブルーの海」「美しい景観」「シュノーケリングでウミガメと一緒に泳ぐ」など感動がいっぱい!

静けさの中、鳥のさえずりを聞きながらくつろぐ時間。。。海に沈む太陽を見ながらアペリティフ (フランス語で食前酒の意味) を楽しむ贅沢。。。

そんな夢のような体験を「天国に一番近い島」でしてみませんか?

 

ニューカレドニアでは、フレンチグルメや冒険を楽しむことだってできます!思いのほかやること目白押しなので、(バカンスで訪れる際にはのんびりと離島を楽しむ日も含めて) 最低1週間程度の滞在がオススメです!

ちなみに、首都ヌメアのあるグランドテール島を中心に小さな島が点在しており、中でもグランドテール島 (ヌメア) とイル・デ・パン島が人気です。

 

 

メトル島、カナール島、イル・デ・パン島、ノカンウイ島、マレ島、リフー島、ウベア島…

グランドテール島の周辺にある島々は発見がいっぱいの宝石箱です。きっと、感動と驚きの連続があなたを待っていることでしょう!

 

 

★ グランドテール島

《続きを読む》

 

 

 

☆ メトル島

《続きを読む》

 

 

 

★ カナール島

《続きを読む》

 

 

 

☆ イル・デ・パン島

《続きを読む》

 

 

 

★ ノカンウイ島

《続きを読む》

 

 

 

☆ マレ島

《続きを読む》

 

 

 

★ リフー島

《続きを読む》

 

 

 

☆ ウベア島

《続きを読む》

 

 

 

まとめ

意外に思われるかもしれませんが、ニューカレドニアはシーフードやフルーツなどの食べ物がとても美味しく、さらにフランス料理やモロッコ料理、ベトナム料理などの各国料理が味わえ、どれも本格的です。

そんなニューカレドニアは、訪れると「何となく元気になれてしまう」場所でもあります。時間がゆっくりと流れていて、自分をリセットできるとても落ち着く場所です。

 

 

関連記事: