チェコの「世界遺産ベスト9」巡りの旅

「絵本のような街」「個性的な街」の広がるチェコは 、”ロマンチックな海外旅行先” として近年世界中の旅行者に大人気です!カップルで行くも良し!家族で行くも良し!お子さんもきっと喜ぶことしょうねっ!

誰とどんな目的で行ってもハズレることのない鉄板の観光地、それがチェコなんです!ただ、私は敢えて言いたい! “一人旅” でお楽しみあれ、と!

 

チェコの言語はチェコ語ですが、英語やドイツ語も割と通じます。治安は基本 “良好” です!水道水は飲まない方が良いでしょう!旅のベストシーズンは5〜9月です!

 

というわけで、

ここではチェコにある12の世界遺産のうち、厳選9ヶ所を紹介したいと思います (漏れた3ヶ所の遺産たちごめんなさい。でも…あなたたちははるばる日本から来てわざわざ行くような所ではなかったの…) 。

 

さあいよいよ、「世界遺産」巡りの旅 in チェコの始まり始まり〜!

カップルで行く方、おめでとうございます!二人の距離はぐ〜っと縮まること間違いなしですよ!

 

 

★ プラハ歴史地区 (世界遺産)

プラハ城とカレル橋

千年の歴史を誇るチェコの首都プラハには、世界で一番大きく最古で美しい城と言われるプラハ城があります。

《続きを読む》

 

 


☆ チェスキー・クルムロフ歴史地区 (世界遺産)

「眠れる森の美女」と呼ばれるくらいにチェコで一番美しい中世の街並み、それがここチェスキー・クルムロフです!「世界一美しい街」とも言われています!

《続きを読む》

 

 


★ クトナー・ホラ歴史地区 (世界遺産)

聖バルバラ教会

クトナー・ホラは、「国の財宝庫」との異名を持つ街です。

《続きを読む》

 

 


☆ クロミェルジーシュの庭園群 (世界遺産)

中世に建てられた司教の邸宅です。

《続きを読む》

 

 


★ 聖ヨハネ巡礼教会 (世界遺産)

18世紀に建てられたバロック・ゴシック様式の独特の教会です。聖堂が星型になっており、主祭壇や外観、回廊などにも星型の装飾があります。

 

 


☆ リトミシュル城 (世界遺産)

16世紀のルネサンス建築様式を顕著に示す美しい城です。国を代表する建造物の一つであり、その名の通りリトミシュルに位置します。「庭園」「劇場」なども併設されています。

《続きを読む》

 

 


★ レドニツェ・ヴァルチツェの文化的景観 (世界遺産)

ここは人類が作り出した景観の中でも最高傑作の1つらしいです。

《続きを読む》

 

 


☆ テルチ歴史地区 (世界遺産)

チェコのモラビア地方北部、テルチという小さな町には「世界一美しい」「モラビアの真珠」と言われるおとぎの国のような広場があります。ルネサンス様式の中世の街並みがそのまま残る16世紀の「絵本街」です。

 


★ モラビアの大草原 (世界遺産)

どこまでも果てしなく続く美しすぎる大草原。

《続きを読む》

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました!

 

 
チェコの (世界遺産以外の) 素敵な観光地ベスト11
 

 

関連記事: