チェコのロマンティックな街「チェスキークルムロフ」& 「ミクロフ」への旅



「世界で一番美しい街」とも称される東欧チェコのチェスキー・クルムロフ。この街の第一印象は「とても美しくのんびりしていて素敵だなぁ」という感じ。

人々はとても優しく、「ずっとここで暮らしたい」と思ってしまうほどです (街全体が世界遺産)。小さいながら、おとぎ話に出てきそうな可愛らしい街並みで、メルヘン感が半端ありません!

 
弓のように屈曲して流れるヴルダヴァ川と豊かな緑に囲まれ、オレンジ屋根の建物 & 優美な塔の数々がつくり上げる美しき風景。。。

この、中世そのままの素晴らしい街並みは「眠れる森の美女」とも讃えられています。非現実感すら覚えるほどの絵画的な美しさは、まさにその呼び名にふさわしいといえるでしょう。

 

 
そんなチェスキー・クルムロフへのアクセスは、首都プラハからはバスが便利で、日帰り旅行も可能となっています (片道3時間)。

街を歩いて驚くのは、街中が壮麗な建築物で埋め尽くされている…ということ。一つひとつ丹精込めて建てられたであろう個性豊かな建造物の数々。ただ目的なく歩いているだけでも感動せずにはいられません。

 

 

見るもの全てが可愛らしく、美しく、まるで夢の世界のようなチェスキー・クルムロフ。この街を歩くのに地図は必要ありません。心惹かれるままに散策してみましょう。

アートギャラリーや土産物屋さんなどのショップも充実していて、お店のセンスはプラハよりも上かもしれません。
 

 
ちなみに、チェスキー・クルムロフへはプラハやウィーンなど近郊の街から日帰りで訪れる人も多いですが、観光客の少ない夜や早朝のゆったりとした風情も素敵なので、できれば宿泊してもらいたいものです。

街自体は1〜2時間もあれば周り終えてしまうのですが、のんびりと過ごすことで、中世にタイムスリップしたかのような感覚を存分に楽しめることでしょう。
 

また、ここに来て是非試して頂きたいのは「地ビール」です。チェコはビールの本場として世界的にも有名ですが、地方ごとに異なる味を飲んでみるのもこの国の楽しみ方の1つ…と言えるでしょう。

事実、普段はお酒を飲まない友人も、ここで飲んだビールだけは「美味い!」と唸っていました (笑)。
 

 
是非、プラハとはまた一味違った雰囲気を楽しみに足を運んでみてくださいね!

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 

「モラヴィアの宝石」とも言われるミクロフはワインの名産地として有名な、町全体が独特の雰囲気を持っているとても魅力な町です。

一度訪れると、「いつかまた来たいなぁ」と思える美しい景観がそこにはあります。

 

 

 

 

 

小さい町ながら、ワインが美味しくそれなりに見どころのある町です。ウィーンからも近いので、ちょっとだけ田舎町でものんびりと過ごしたいなぁ…という方には最適です。

 

 

丘の上からは、遠目にオーストリアやスロバキアを見ることができます。陸地にいて、他国を望むことができるだなんて、なんだか素敵ですね!

 

 

関連記事: