バーレーンの基本情報 & 人気観光スポット



中東の島国バーレーン王国 (通称バーレーン) はアラビア半島にある大小33の島で構成されている君主制の国で、国民の大多数はシーア派で占められています。比較的穏やかな気候で、イスラム教の戒律がわりと緩い国でもあります。

そんなバーレーンでは1994年以降シーア派による反政府運動が激化し、2001年に行われた国民投票によって首長制から王制へと移行しました (政権を握っているのは少数派のスンニ派)。でもご安心を。観光するにあたって治安は特に問題ありません。英語もよく通じます。

 

🔴 公用語:アラビア語

🔵 首都:マナーマ

🔴 独立:イギリスより1971年

 

かつては「ディルムン文明」と呼ばれる、エジプト文明やシュメール文明に匹敵する文化の中心地であったとも考えられています。近年、首都マナーマでは多くの高層ビルが建設されていますがその反面、古い街並みも残されています。近代化とノスタルジーが見事に交錯していると言えるでしょう。

バーレーンは、ドバイ同様 (近い将来に起こるであろう油田枯渇を予測して) 金融と貿易に力を入れている国なのです。

 

🔵 人口:約150万人

🔴 通貨:バーレーン・ディナール (BHD)

※ 隣国サウジアラビアの通貨も普通に使用されています

 

とっても小さな国ではありますが、実は魅力たっぷりの国バーレーン。以下、バーレーンの観光情報 (見どころ) についてまとめてみました。

 

アクセス & 観光のベストシーズン

《続きを読む》

 

 

★ アル・ファテフ・グランド・モスク

《続きを読む》

 

 

☆ カラートゥ・ル・バーレーン

《続きを読む》

 

 

★ 生命の木

《続きを読む》

 

 

☆ バーレーン国立博物館

《続きを読む》

 

 

★ マナーマ・スーク

《続きを読む》

 

 

オススメの料理

バーレーンはアラブ人の国家なので料理はアラブ料理になります。ケバブやショルバトゥアダスといったレンズ豆のスープがオススメです。周辺諸国でも食べられている人気料理です。ナンもしくはホブズ (アラビアのパン) と一緒に食すと良いでしょう。

 

 

交通

バーレーンでの移動手段としてはタクシー (メーター制) が便利です。空港から市内までは5BHDほど、時間にして15〜20分ほどです。バスはタクシーよりも安く済みますが、所要時間は30分ほどかかります。乗り合いバス (白いミニバス) もあり公共のバスよりも安いのですが、行き先などは書かれていません。興味のある方は、大声で行き先を叫んでいる人がいたらそちらに行ってみましょう。

 

 

おわりに

ここで紹介した以外にも、バーレーンにはまだまだ多くの見どころがあります。とりわけ「ディルムン文明」の都市があったといわれるバーレーンの島には、多くの古代遺跡群が残されているのです。

買い物好きな方は、バーレーンの伝統工芸品が買えるシーフ地区の「キャピタル・モール」やアル・ジャズラ地区の「アル・ジャズラ・ハンディクラフト・センター」も訪れてみましょう。

繰り返しになりますが、バーレーンはとても小さな国です。主要観光名所だけであれば、1日で見て回れます。それでも、じっくりと街を歩きつつ古代文明の遺跡などを見て回るとあっという間に数日は過ぎてしまいます。個人的には4〜5日くらいは欲しいところです。

 

 

関連記事: